接地コンサルティングについての詳細をご説明します

Grounding Consulting

Grounding Consulting

接地コンサルティングとは

電気設備の接地は、感電や漏電事故から人や設備を守る安全の確保(保安用接地)と電気設備を良好な環境で運用するためのシステム機能の確保(機能用接地)を目的としています。
工場・事務所で使用される電気・電子機器や、再生可能エネルギー施設の設備機器は電子技術を活用しているため、大変デリケートです。接地はこれらの電気設備を安全かつ良好な環境で運用するために無くてはならない重要なシステムです。また、適切な接地設計を行うために現地の正確な大地抵抗率を知ることが重要となります。
これらの疑問を解消して、安価で安全な事業環境構築のお手伝いをするのが、接地コンサルティングです。

接地コンサルティングとは

サービス紹介

接地コンサルティングの流れ

STEP01

相談(どうすればいいの)

どのようなことにお困りでしょうか?目的、施設や場所など具体的情報をご提供ください。
電気設備を安全に運用・使用するには、電気設備の技術基準に示された接地性能や規格要件を満足することが必須となります。
まずはお気軽にお問い合わせください。適切な方針をアドバイスさせて頂きます。ここまでは無料です。

STEP02

確認・準備(目的はなにですか)

ご提供いただいた施工計画資料や図面からお客様の保護目的に最適な測定(方法、場所、箇所など)を検討して測定要領書を作成します。
測定にあたって事前に問題点(設備環境・気象環境など)を確認のうえ、現地での調査・測定を実施します。

STEP03

測定(まずは測りましょう)

現場状況を確認し、要領書に基づいて現地で大地抵抗率測定や迷走電流測定、サージインピーダンス測定など必要な測定作業を実施します。

STEP04

解析・接地設計(状況に応じて提案いたします)

測定結果を分析評価して、環境や目的に合った最適接地を提案いたします。
お客様の要望により、現場状況に応じた投資効果の高い接地設計、工法などを提案いたします。

STEP05

施工(実際に工事を始めましょう)

基準、規格を遵守し安全対策を優先しながらも施工現場の状況に合わせ安全性、経済性にも十分配慮した合理的な工法で工事を進めて行きます。
お客様が直接施工される場合でも、ご要望がありましたら現場での施工指導をさせて頂きます。

  1. 法令(基準、規格)に適合した接地抵抗値取得を実現する各種接地
    • 水平電極工法(メッシュ接地、環状接地、線状接地、帯状接地、帯状接地+接地抵抗低減剤など)
    • 垂直電極工法(ボーリング接地、棒状接地、板状接地)
    • 構造体利用接地
  2. 人的ならびに機器の事故防止(歩幅電圧設計など)と安全対策
  3. 等電位化設計(等電位ボンディング設計)
  4. 低サージインピーダンス設計(雷サージに対しても抵抗値が一定となる設計)
  5. 接地極の共用・連接設計

接地工事 事例一覧

ボーリング接地

ボーリング接地

帯状接地

帯状接地

施工現場風景

施工現場風景

施工現場風景

施工現場風景

施工現場風景

施工現場風景

接地に関する事ならお任せください

様々な疑問を解消して、安全な事業環境構築のお手伝いを致します。

サージインピーダンス測定